我々について

マイクロソフトOfficeの現在の最新版はOffice 2016です。

Office 2016にはWindows版、Mac版、購読型(Office 365 Solo)、買い切り型、などいろいろなエディションがありますが、それぞれの価格を比較してみました。


Office 2016の価格を語る上でキーとなるのがOffice 365 Soloの価格です。

そもそもOffice 365 Soloとは何でしょうか?

マイクロソフトの説明ビデオがこれです。




これを見て理解できる人っているのでしょうか?

Skypeが月60分無料・・・、ってOfficeと何か関係あるの?

OneDriveが1TB・・・、ってのは凄いけどこれもOfficeと何の関係が・・・?

iPhone、iPad、AndroidでもOfficeが使える・・・、って以前からそうじゃなかったっけ?

office 2016 professional plus プロダクトキー 購入

ビデオではこういう「おまけ」ばかりが強調されていて、従来からある永続ライセンス版(買い切り型)のOfficeとの違い、一番気になる価格についての説明がありません。


私のようなMacユーザーにとって大きなメリットはこれです。

今まではMacとWindowsの両方でOfficeを使うためにOffice for MacとWindows用のOfficeを別個に購入してきました。

Office 365 SoloであればMac 2台、MacとWindows 1台づつ、Windows 2台と柔軟に対応できます。